高血圧によくない食事

まずはよく知られているように塩分の多い食べ物を避けなくてはいけません。


Fish cakes and marinated cucumbers, stir fried pork, garlic chives, maitake mushrooms, and onions, wheat noodles in warm broth, Zinfandel 薩摩揚げとキュウリの塩昆布漬け、豚肉とニラ、舞茸と玉ねぎの甘辛炒め、にゅうめん、ジンファンデル / naotakem

高血圧なので普段は食べ物に気をつけているのに外出の時につい油断して食べたり買ったりが多いです。コンビニやラーメン屋に注意しましょう(笑)

1)漬物類

言わずと知れた高血圧の原因によく取り上げられる食べ物です。

2)保存が効く魚の食べ物

魚の干物とかめんたいこや、たらこなどもそうですね。

3)ハム・ソーセージ類

思っている以上に塩分を使用して製造されています。

4)ラーメンなどの中華系麺類

塩ラーメンとかわかりやすいけど、醤油も味噌も塩分は多いです。

ちなみに普通のラーメン1杯に5~7グラムの塩分が含まれていると言われています。スープまで飲み干すと、ほぼ一日分の塩分を摂ることになります。

5)スナック類

スナック類例えば塩味ポテチなんてのは典型ですがチップ一つには大したことない量でも一袋とか食べてしまうと大変です。おツマミ類も想像以上に塩分が含まれています。

6)アルコール類

もちろんお酒は高血圧の原因の一つです。

7)食べ過ぎ

いくら塩分の少ない食べ物を選んで食べていても食べ過ぎれば結果的に総量で塩分過多になります。

一日の塩分の摂取量目安は8gです。塩加減とか醤油はある程度普段より少なくするとか工夫はしやすいですが盲点はいつも食べ物です。塩分の多い食べ物を覚えるだけでなく、直感でこれは保存が効く食べ物だから塩分が多いハズとかわかるようになりたいですね。

一度高血圧になると正常値に戻すのはなかなか大変です。なるべく降圧剤を使わないで血圧を下げたいものです。

わかめペプチド粒タイプの口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする