L-シスチンはどんな効果がある?

最近よく耳にする成分の「L-シスチン」とはどんなもので何に効果があるのかまた、副作用はあるのか調べました。

L-シスチンの効果とは

美容にとっていえば、美白効果と育毛効果があるとされています。

美白効果

肌の大敵シミのもとになるのはメラニンです。そのメラニンをつくる酵素の働きを抑える効果があります。L-シスチンがメラニン色素が増えるのを妨ぎ、代謝も促進してくれるためシミを徐々に外に出す働きが期待できます。

育毛効果

美肌効果に加え、育毛の働きも期待できます。髪の毛はケラチンというタンパク質が主な成分です。そしてケラチンに多く含まれているアミノ酸がL-シスチンなのです。L-シスチンが不足すると抜け毛が増えやすくなります。髪の毛にとってとても大事な成分がL-シスチンなのです。

肝機能を助ける

アルコールのアセトアルデヒド」分解します。また、血中コレステロールが増えるのを抑えてくれる働きもあります。

食べ物から摂取するには?

L-シスチンが髪の毛にも肌にも大事な成分というのはわかったけど普段の食事はなにに気をつければよいのでしょうか?

L-シスチンはメチオニンという栄養素を含む食品を食べることで体内でL-シスチンをつくることができます。

メチオニンを多く含む食べ物とは

鶏胸肉、牛赤身肉、豚肉、まぐろの赤身、サバ、ブリなどの青魚類

大豆製品、卵、乳製品などに多く含まれています。

野菜はどうなの?ってことになるのですが、野菜は直接L-シスチンを含む量は少ないのですがビタミンCがL-シスチンの吸収率をあげてくれます。

結局のところバランスのよい食事を心がけるのが良いということですね。

L-シスチンの副作用

L-シスチンのようなアミノ酸は元々体内のタンパク質を構成している栄養素なので少しぐらいとりすぎても体外に出るようになっています。副作用も少ないと言われています。

しかし大量に特定のアミノ酸を過剰摂取した場合は腎臓結石、膀胱結石、白髪などの副作用があります。サプリメントなどで摂取する場合は規定の量を守りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする