ペプチドの効果・効能とは、血圧との関係は?

ペプチドという言葉をよく耳にします。健康に良さそうですがペプチドの種類によって効果・効能が違うようです。そこでペプチドの種類と効果のちがいを調べてみました。

ペプチドの知られている効果は

高血圧を予防

疲労回復効果

骨粗しょう症予防効果

アルツハイマー病の予防効果

などがあげられます。

ペプチドは元になる食品によって働きが異なります。

ペプチドの種類

大豆由来のものは「大豆ペプチド」、魚由来のペプチドは「魚肉ペプチド、イワシペプチド」、牛乳由来のものは「ミルクペプチド、ホエイペプチド」などが知られています。

由来によってアミノ酸の種類がちがい、働きがちがってきます。

わかめペプチド

わかめペプチドを使用した血圧変化では継続期間が長いほど血圧が安定を実感した人が多いそうです。

「大豆ペプチド」

含まれているアミノ酸のバランスが良いため疲労回復効果に優れています。

ペプチドはとてもすぐれた作用があるため特定健康食品や美容食品に多用されています。

特定保険用食品に利用されているペプチド性素材は特に最近、「血圧高めの人向け」が増えています。主にわかめペプチド、いわしペプチド、ラクトトリペプチドなどがあります。

食事で必要量を摂るのはなかなか大変なので上手にサプリメントを利用したいですね。

わかめペプチドのおすすめサプリ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする