30代から始まる更年期障害 その原因と対策

早ければ40代で閉経し、女性特有の更年期障害が現れ始めます。30代とか若い場合は体に不調を感じても自分で更年期障害だとは気づかない場合が多いです。いわゆる早期閉経の場合は女性ホルモンのバランスが崩れて様々な障害が出てくる場合があります。

更年期障害ってなに?

女性の更年期障害の主な症状や特徴とは?

更年期障害の症状

よく見られる更年期障害の症状にはまず精神的にイライラする、特に原因がないのに不安になったり、憂鬱になり、少しのことでイライラして身近な夫や子供にあたったりします。中には頭痛やめまいを伴う人もいます。

精神的なものだけではなく身体的にも不調をきたします。のぼせやすくなったり、異様に汗をかくかと思えば逆に冷えに悩まされたり、動悸や息切れを訴える人もいます。

他の原因と区別がつきづらいのが肩こりや腰痛です。そして月経異常や残尿感、中には失禁の場合もあります。

一言で言うと不定愁訴ということになるのですが、からだのいろんな場所の不調、そして疲れやすくなると言われています。

どこまでが普段の体の不調でどこからが更年期障害なのか線引きは難しいですが日常生活に支障がでるようだと専門医「婦人科」に相談したほうが良いです。

いくつから更年期? 更年期女性の年齢

早期閉経と言われる30代から40代、多くは50代に見られます。45歳~55歳が一般的には更年期と言われています。

更年期障害の原因とは

閉経前に女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少し、体がその急激な変化についていけず、自律神経のバランスをくずします。そのため、のぼせや動悸、冷え、発汗などをひきおこします。

更年期 女性ホルモン 解決方法

不定愁訴の原因と言われているホルモンバランスの急激な変化をのりきるための対策方法としてはおもに次の3つの方法があります。

1)生活習慣の改善

毎日、軽い運動や「ストレッチを継続してストレスや過労を防ぎます。ようするに気持ちよく眠れるようにと心がけることです。良質な睡眠が自律神経によい影響をおよぼします。

2)病院で受信し、指示に従う

婦人科で不定愁訴を訴え、適切な診断をくだしてもらう。

3)医薬品やサプリメントで対処する

医薬品は医者の処方箋がひつようになります。健康食品やサプリメントは自分で症状にあったものを選択します。

更年期サプリメントの選び方

■信頼性で選ぶ 有名製薬会社の製品

ユンケルでおなじみの佐藤製薬社の健康食品通販会社B&Hサトウ 美健知箋ポリフェノール

■和漢で長年のベストセラー

白髪が気になり始めたら和漢が特徴の黒ツヤソフト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする